首への負荷がかかる角度・・・

こんにちは!昨日は頭の重さってどの位かな?ということで

簡単に説明させて頂きました!

では、今回はその頭を支えている首への負担はどの位かかるのかを

簡単にお話させてもらいます(^O^)


日常生活で、携帯・パソコン・読書・テレビ・・・など

どの位見られてますか?たぶん数時間は見られてるのではないでしょうか?


その時にどの様な姿勢で見られてますか?


椅子やソファーに座って、ベットで寝ながら、仰向け・うつ伏せ、横向き

正座・体育座り・片膝立て・・・など


その方に合わせた姿勢で見ているかと思います。

自分でも「ダメなんだよな~」と思ってるけど止められない・・・(。-`ω-)

気持ちは分かります!だって楽なんですもんね?

ですが今の姿勢が楽に感じるのは少なからず歪んだカラダが楽な姿勢をさせてると思ってください。


本来いい姿勢とは座った場合、耳→肩→股関節(大転子)が一直線になってるのが

理想と言われています。


実際に鏡見ながらやってみてください!結構きついと思いますよ!


特に頭の位置(耳の位置)を保とうとすると結構きついんじゃないですか?


それだけ首が前に出てしまい、首だけで頭を支えてる状態です。


負担がかかりすぎて他の筋肉が引っ張られ結果的に色々なところに支障が出てきます。


そこで今回、どの角度で、どの位、首に負担がかかってしまうのかを頭の片隅にでも入れてもらい少しでも意識してもらえたらと思います。


<良い姿勢が0度となります>

 0度 → 4Kg~6Kg

15度 → 12Kg

30度 → 18Kg

45度 → 22Kg

60度 → 27Kg


角度が変わるだけで首への負荷が大きく変わってきます。


今、これを見ている角度はどの位でしょうか?


この負担を自分の筋トレに例えたら結構重たいものを持って

数時間、運動してるのと同じと考えると・・・Σ(・ω・ノ)ノ!


とてもじゃないけど辛いですよね!次の日バキバキの筋肉痛ですよ(笑)


そのバキバキの筋肉痛 → 首肩こりになってる可能性が・・・。


それだけの事を毎日、首君は頑張ってくれています(首だけではないですが)


気付いた時には姿勢を直したり、首のストレッチを入れたりと

首への負担を減らしてあげましょうね(^^)


自分もこれを打ち込んでいる角度は15度ぐらいですΣ(・ω・ノ)ノ!


気を付けなくちゃ(+o+)



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

11月だぁ~

早いもので、もう11月になってしまいましたね(@_@) 今年も残す所、あと2か月・・・。 最近は寒暖差があり、カラダへの負担も感じる時期ですね。 この時期には特に自律神経の乱れが生じやすくなってきます。 (普段からもありますが・・・汗) 忙しい・イライラする・疲れが取れない・・・など ある方はもしかしたら自律神経が乱れてるかも Σ(・ω・ノ)ノ! 自律神経は交感神経と副交感神経に分けられていて 仕

 

出張訪問リラクゼーション整体&プライベートケア

03-6906-4827

​東京都板橋区西台